日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

ナスダック

2013年12月1日(日) 掲載

 全米証券業協会(NASD)が管理、運営する店頭市場の相場報道システムを指します。このシステムを利用して取引される株式店頭市場もナスダックと呼ばれています。株式公開の基準が緩いため、創業直後の企業やベンチャー企業が多数登録されており、資産調達のための重要な市場となっています。
 2000年、NASDが大阪証券取引所と提携して、ベンチャー企業など新興企業向けの株式市場「ナスダックジャパン」を創設しました。しかし、IT不況などから不振が続き、02年に「ヘラクレス」と改称して大阪証券取引所が独自に運営を行っています。