日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

コール市場

2013年12月1日(日) 掲載

 金融機関相互で行う短期の貸し付け、借り入れが行われる市場のことです。「呼べばこたえる」ように短期で回収できる貸借のためコールと呼ばれ、各金融機関の短期的な資金不足を調整する役割を果たしています。
 コール取引は有担保が原則でしたが、1985年からは無担保コールが導入されました。88年からは日銀による短期金融市場の改革も行われ、取引期間などに関する規制緩和が実施されました。これにはコールを実勢市場に委ね、コール市場に資金を呼び戻して活性化させることで日銀の金融調節の影響力を維持する狙いがあります。