日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

上乗せ金利

2018年12月21日(金) 日本経済新聞 朝刊

企業の信用力を反映
 国債利回りなど基準となる利回りと、社債利回りとの差。「スプレッド」と表現する場合も多い。信用力や流動性に応じて変化する。信用力の低い企業の社債は債務不履行(デフォルト)になり、投資元本が戻らないリスクが高い。そのリスクに見合う高い利回りでないと投資家は買いに動かないため、スプレッドは大きくなる。取引量が少なく、売りたいときに売りにくい社債は、流動性リスクを反映してスプレッドが大きくなる。
 インターコンチネンタル取引所(ICE)が算出する社債の指数によると、格付けが最も高いトリプルA格の社債の国債利回りに対するスプレッドは19日時点で0.69%。一方、格付けがダブルB格以下の低格付け債のスプレッドは約5%にのぼる。
 2008年のリーマン・ショック後には世界的な景気後退で企業の信用力悪化に加え、流動性リスクも高まった。世界の社債の上乗せ金利は3%台から一時、6%台まで急拡大する場面があった。