日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

生体認証

2019年1月13日(日) 日本経済新聞 朝刊

顔や指紋で本人確認
 手や顔をかざすだけで本人確認を進める技術。顔や指紋、声などの人体の特徴を事前に登録しておけば、暗証番号やパスワードなしに体一つで決済やパソコンへのログインなどが可能となる。他人に偽造されるリスクが少ないため、セキュリティーの強化にもつながり、銀行のATMなどでも導入が広がっている。
 中国ネット通販大手のアリババ集団は傘下のスーパーなどで、顔認証による電子決済サービスの導入を始めている。事前に自身の顔を登録しておけば、店内にある専用の端末に顔をかざすだけで支払いが完了する。顔の輪郭や目などの形から本人と確認されれば、アリババのスマートフォン決済「支付宝(アリペイ)」から自動的に料金が引き落とされる。
 生体認証を活用したサービスは増えている。中国ネット通販大手の京東集団(JDドットコム)が展開する無人スーパーでは入店時に顔認証で本人確認しておけば、退店時に自動で支払いが完了する。アマゾンなどが販売する人工知能(AI)スピーカーは声の特徴を認識し、情報検索や自宅の家電の操作などができる。日常生活における利用は急速に広がる。