日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

イラン革命防衛隊

2019年6月22日(土) 日本経済新聞 朝刊

最高指導部直結の軍事組織
 イスラム聖職者が統治するイランの最高指導部に直結する軍事組織で親衛隊的な性格を持つ。親米のパーレビ王政を転覆させたイラン革命の起きた1979年に設立された。兵力は約12万5000人。国境警備や対テロ作戦なども担当する。保守強硬派の牙城でもある。
 精鋭の「コッズ部隊」は対外工作や情報活動を担当する。シリア、イラク、レバノンなどでイスラム教シーア派の民兵組織を指導・支援する。シリア内戦への介入を通じ、東地中海につながる「シーア派の三日月地帯」と呼ばれる地域で影響力を持つ。イスラエルやサウジアラビアの強い警戒を呼ぶ一因となっている。
 トランプ米政権は4月、革命防衛隊を「外国テロ組織」に指定した。周辺国の武装勢力に武器や資金を提供して中東情勢を不安定にしていると判断した。革命防衛隊は関連企業を通じて、エネルギーや建設などの分野で経済利権を握る。競争激化を嫌い、外資の導入による経済発展には否定的な立場をとる。