日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

実質実効レート

2019年11月17日(日) 日本経済新聞 朝刊

通貨の購買力、指数で表す
 円の実質実効レートは対ドルのほかユーロ、英ポンドなどの主要通貨に対する相対的な値動きを、各国・地域との貿易量、物価水準の相対的な差などをもとに加重平均して求める。国際決済銀行(BIS)が2010年を100とした指数として公表しているものが使われることが多く、日銀も参照している。ある通貨のモノやサービスの購買力を指数で表したものといえる。
 指数の上昇は通貨高を意味する。円の実質実効レートが1割下がった場合、同じモノやサービスを海外で買ったり輸入したりする際に、円換算での支払い負担は1割増すということになる。実際の外国為替市場の取引で指標となることは少ないものの、対ドルなど2通貨のレートをみるだけでは把握できない、総合的な通貨の実力をとらえられる利点がある。
 日本の実質実効レートは2000年代以降は下げ基調が続き、足元まで約4割下がった。一方、円の対ドルレートは00年初めと足元ではほぼ同水準になっている。