日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

低格付け債

2019年12月1日(日) 日本経済新聞 朝刊

債務不履行リスク高く
 信用格付けがダブルB格以下の債券を指す。「ジャンク債」「ハイイールド債」などとも呼ばれ、主に企業や金融機関などが発行する。格付けがトリプルB格以上の投資適格債に比べて、元本や金利の支払いが滞る債務不履行(デフォルト)のリスクが高い分、利回りも高くなる。S&Pグローバル・レーティングスによると、2018年の低格付け債のデフォルト率は2%だったが、低格付け債の中でも信用力が低いトリプルC格以下に限ると27%だった。
 低格付け債は国債など一般的な債券とは逆に、景気拡大局面で価格が上昇(金利は低下)し、景気後退局面で値下がり(金利は上昇)する傾向がある。また、基準金利に対する上乗せ幅(スプレッド)の変化は格付けの低い社債ほど大きくなりやすい。
 米国の低格付け債市場は、1980年ごろまでは投資適格から格下げされた債券が占めていたが、80年代に入ると徐々に低格付け企業による社債発行が増えた。日本では年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が低格付け債にも投資できるよう投資基準を緩和したのを受け、今年、アイフルが初めて発行した。