日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

税制改正大綱

2019年12月13日(金) 日本経済新聞 朝刊

政治・経済情勢を反映
 翌年度以降に実施する増税や減税、新税の導入内容などをまとめた文書。自民、公明両党の税制調査会が各府省庁や業界団体の要望を踏まえ議論し、12月に決定する。政府はこの大綱をもとに税制改正法案をつくり、翌年1月召集の通常国会に提出する。
 国民生活やビジネスに直結する税制の改革では利害調整が難しい。自民党税制調査会では経験豊富で税制に精通したベテランが中心となり、関係省庁などと大綱案をつくる。かつては「税制改正は自民税調の聖域」ともいわれた。現在は首相官邸や連立を組む公明党と調整し、内容を決めている。
 時の政治情勢や経済構造の変化を反映する。18年度大綱は年収850万円超の会社員を対象に所得税の増税を決めた。19年度は消費税増税の反動減対策で、自動車や住宅の減税拡充を打ち出した。20年度は次世代通信規格「5G」の通信網整備を促す減税策で、中国などを念頭に置いた「経済安全保障」の視点を取り入れた。