日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

春節

2020年1月30日(木) 日本経済新聞 朝刊

中華圏の正月 交通量急増
 中国や中華圏での旧暦の正月。1年の中でも重要な祝日とされ、西暦の正月より盛大に祝う。中国では家族とともに過ごそうとする人々の帰省などで交通量が急増する。休暇中に旅行する人も多く、海外へも大規模な移動が見込まれる時期だ。2020年は本来は1月24日から30日までが春節の連休とされていた。
 しかし中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国政府は27日、春節の連休を2月2日まで延長すると発表した。上海市やハイテク産業の集まる蘇州市は企業に休業のさらなる延長を通知し、製造業への打撃も懸念される。
 中国では平常時なら春節の大型連休中に帰省や旅行で延べ30億人が移動するとされる。日本も人気の旅行先だが、今年は感染拡大防止のため中国政府が海外団体旅行を中止するよう国内の旅行会社に命じた。キャンセルが相次ぎ、訪日中国人の消費に期待する日本の観光業や小売業にも痛手となっている。