日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

GIGAスクール構想

2020年7月24日(金) 日本経済新聞 朝刊

ICT活用で学び転換
 全国の小中学校で、児童生徒1人につき1台の学習用端末を配備し、校内に高速ネットワーク環境を整備する政府の計画。同じ内容を一斉に教える従来の授業方法から、個々の習熟度に合わせた学びに転換するにはICT(情報通信技術)の活用が不可欠として、文部科学省が2019年度補正予算に2318億円を計上した。
 新型コロナウイルスの感染拡大による休校中は、ICT環境の整備の遅れを理由にオンライン(遠隔)学習を進められない学校が目立った。政府は当初、23年度末までに「1人1台」を実現する計画だったがコロナ禍で3年の前倒しを決定。自治体によるメーカーや通信会社などからの端末調達を支援し、配備を進めるとした。
 文科省の19年3月時点の調査では、全国の普通教室の無線LAN(構内情報通信網)の整備率も41%にとどまり、インフラ構築は道半ばだ。同省は自治体の整備を支援するためICTに詳しい技術者を派遣する仕組みも設けた。