日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

ステーブルコイン

2020年9月13日(日) 日本経済新聞 朝刊

価値が安定した暗号資産
 暗号資産(仮想通貨)の一種類。ステーブルは英語で「安定した」という意味で、担保をつけることなどで価格がほとんど変動しないように設計されている。代表的な仮想通貨であるビットコインやリップルには裏付け資産がない。そのため、仮想通貨自体の需給による価格変動が激しい。価格変動が大きいと決済手段として使いにくい。ステーブルコインは価格が安定しており決済にも使いやすい。
 ステーブルコインは価値を安定させる手法の違いによって、(1)法定通貨担保型(2)仮想通貨担保型(3)コモディティー担保型(4)無担保型――の4つに分けられる。最も多いのは法定通貨担保型だ。米ドルやユーロなどを担保としてその通貨に価値を連動させ、一定のレートに保つ仕組みになっている。テザーは米ドルを担保に設計されている。米フェイスブックのリブラはいくつかの通貨に連動させる形で開発が進んでいる。
 裏付け資産については発行会社の自己申告ベースが多く、実際に保有しているかどうかについては証明が難しい。利用手段も実際には決済でなく、他の仮想通貨に交換するまでの間の一時的な保管に使われていることが多い。今後、裏付け資産を保証した上で、法定通貨と完全に1対1で連動させた「デジタル通貨」が主流になるとの見方もでている。