日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

出入国制限

2020年10月8日(木) 日本経済新聞 朝刊

159カ国・地域が対象
 政府が海外への渡航や外国からの入国に規制をかける措置。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本政府は7日時点で米中をはじめ159カ国・地域に「渡航中止勧告」を出している。外務省が「感染症危険情報」でレベル3に指定した国に適用する。法的拘束力はない。
 日本政府は4月に海外からの入国を拒否する国や地域を大幅に増やした。現在は渡航中止勧告と同数の159カ国・地域からの入国を拒んでいる。政府は根拠として出入国管理法を挙げる。5条1項14号に「日本の利益や公安を害する恐れがあると認められる相当の理由のある者」は政府が上陸拒否できると定めている。10月からは3カ月以上にわたり日本に滞在できる在留資格を持つ外国人の新規入国を認めた。
 日本からの渡航を制限している国・地域は4月ごろには180超あった。現在は6日時点で94と半減している。対応は国によって様々だ。同じ欧州連合(EU)でもフランスは日本からの渡航を解禁したが、ドイツは制限を続けている。