日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

レアアース

2020年10月10日(土) 日本経済新聞 朝刊

日本、中国輸入が6割
 産出量が少なく、抽出が難しいレアメタル(希少金属)の一種。液晶テレビやスマートフォンなどのハイテク製品の生産に欠かせない。資源エネルギー庁によると、日本はおよそ6割を中国から輸入している。
 産出国には偏りがあり、供給不安や価格の乱高下のリスクが指摘されている。米地質調査所(USGS)によると世界の生産量は2019年の推計で21万トンあり、国別では中国が13万2千トンと全体の6割を占める。米国の2万6千トン、ミャンマーの2万2千トンが続いた。
 米商務省は安定供給に関する報告書を発表し、国内生産の強化など対応を急ぐ。日本政府も調達先を広げ、備蓄を増やして確保に力を入れている。