日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

日米豪印戦略対話

2020年10月25日(日) 日本経済新聞 朝刊

地域の情勢安定目指す
 インド洋と太平洋にまたがる地域での情勢安定を目指す、日米とオーストラリア、インドの民主主義国家4カ国による外交・安全保障の協力体制。クアッド(QUAD)とも呼ばれる。2007年の第1次安倍政権が提唱した構想から出発し、次官級協議などを重ねて19年9月に初の4カ国外相会談を開催した。20年11月には「マラバール」と呼ばれるインド洋の海上訓練を日米豪印で実施する予定だ。
 インド太平洋地域で存在感を強める中国の存在が4カ国連携の背景にある。中国は南シナ海で人工島を建設し、周辺国と領有権を争う。広域経済圏「一帯一路」を掲げ、インフラ建設をテコに地域における影響力を高めている。4カ国連携の狙いを中国の動きに対抗するためとみる識者は多い。
 4カ国は外交や安全保障協力以外の分野でも連携を深める。10月に開いた第2回外相会談では、質の高いインフラ整備やテロ対策、サイバーセキュリティーの面での協力深化についても一致した。こうした幅広い分野での多国間連携を盛り込んだ「自由で開かれたインド太平洋」構想についても日米は主導している。