日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

新エネルギー車

2020年10月28日(水) 日本経済新聞 朝刊

中国、EVの販売比率高く
 中国政府は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)を新エネルギー車(NEV)として区分し、補助金や各種規則で製造や販売を振興する。ハイブリッド車(HV)は新エネ車に含まないが、6月に「低燃費車」と位置付けて優遇する施策を打ち出した。
 中国汽車工業協会によると、2019年の新エネ車の販売台数は120万6千台で新車販売全体の5%を占めた。新エネ車のうちEVの比率が最も高く約8割、PHVは約2割で、FCVはまだ少ない。HVの販売台数に関する統計は公表されていないものの、トヨタ自動車とホンダが合弁会社を通じて販売している。
 中国政府は09年に新エネ車の販売補助金制度を導入し、いち早く対応した比亜迪(BYD)などの中国メーカーが販売拡大につなげた。政府は19年に新エネ車を一段と普及させるための「NEV規制」も導入し、自動車メーカーに一定比率の新エネ車の製造と販売を義務付けた。このため独フォルクスワーゲン(VW)などの外資勢も新エネ車に注力している。