日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

保育所

2015年12月1日(火) 掲載

 保護者に代わって保育を受け持つ施設。対象となる子どもは原則0歳~小学校入学前まで。施設の広さや設備といった国の基準を満たした「認可保育所」と、それ以外の「認可外保育所」がある。
 最近では2歳までの子どもを6~19人の少人数で預かる小規模保育(ミニ保育所)が三大都市圏で急増。全保育所に占める定員の比率はまだ1%程度だが、東京都では14年4月時点で53件だったミニ保育所が、15年4月には219件にまで増えた。従来の保育所よりも小回りの利いた少子化対策が可能になるため、事業者も自治体も増設に前向きだ。
 子どもを預かる施設には3~5歳の子どもを受け持つ幼稚園もある。保育園の所管は厚生労働省だが幼稚園は文部科学省が所管する。幼稚園と保育園の一元化に向け2006年に「認定こども園」制度が始まった。