日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

電力のデマンドレスポンス

2016年4月1日(金) 掲載

 電力会社の要請を受け、工場やオフィスビル、住宅、商業施設などの電力を使う側が需給バランスを気にかけながら節電する取り組み。電力使用者は電力会社から電気代の割引などの報酬を得られる。いわば電気の使用を抑えた分を「発電」と見なし、対価を得る仕組みだ。
 欧米で先行してきたが、4月の電力小売りの全面自由化を機に導入機運が高まるとみられている。夏場のピーク時をにらんで設備を過剰に抱えている電力会社が節電を通じて発電能力を適正化、コスト削減分を値引き原資に充てる可能性があるためだ。電力会社と使用者の間に入って節電の枠組みをとりまとめるビジネスの広がりも期待されている。
 各地で実用化に向けた準備が進む。各施設に電気の使用量を自動測定する次世代電力計(スマートメーター)の設置などが必要。今後はマンションや商業施設などが一体となった大規模再開発などでも導入例が増える可能性がある。