日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

自動車の型式指定制度

2016年5月1日(日) 掲載

 自動車の型式指定制度はメーカーが新車を生産する場合、あらかじめ国土交通相に申請または届け出を行い、保安基準への適合性について審査を受ける。メーカーが提示したサンプル車と品質管理システムを国が審査し、型式指定をする。指定を受けた個々の車はメーカーが個別で基準適合性を確認し、完成検査終了証を発行する。その提示により新規検査における実際の車の提示を省略できる。
 同制度は交通事故や自動車公害の被害や影響が大きいことを踏まえ、国産や輸入車の量産車を対象に安全と公害防止基準に適合していない自動車の使用を未然に防止するため導入している。自動車の認証手続きとしては、欧米諸国と同程度に簡素化されている。
 国交省ではブレーキ試験や排出ガス試験などの基準適合性や品質管理を審査する。三菱自動車は国交省に提出する燃費データを不正に申請した。小型バイクなど検査対象外の自動車に対しては、別の型式指定制度が定められている。