日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

フェリカ

2016年10月1日(土) 掲載

 電子マネーなどに使われる非接触型ICチップ技術。アンテナから発生させる電波でICチップの情報をやり取りする。読み取り機にカードを差し込んだり、暗証番号を打ち込んだりする必要がない。高度な暗号技術を使っているため、安全性が高い。
 ソニーが開発した通信方式を使っており、1996年にチップの出荷が始まった。日本では東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica(スイカ)」をはじめとするIC乗車券や、「楽天Edy(エディ)」などの電子マネーで使われている。海外では香港の交通機関で使える「オクトパスカード」などでも実績がある。
 2004年にはNTTドコモが携帯電話の決済機能「おサイフケータイ」に採用した。10年にはスマートフォンにも対応。チップの累計出荷数は直近の10年間で約10倍に増え、16年度中に10億個を超える見込みとなっている。非接触型ICカードにはフェリカのほか、海外で広く使われる「タイプA」や日本の住民基本台帳カードで使われる「タイプB」の2つの通信方式がある。