日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

世界の海運市況

2016年12月1日(木) 掲載

 輸送コスト削減を狙う海外の海運会社による船舶の大型化や中国経済の不振で、2015年秋から16年春にかけてコンテナ船のスポット(随時契約)市場運賃が急落した。この影響で16年度の年間運賃も2年ぶりに値下げ決着となり、過去最低水準に落ち込んだ。上海海運取引所が公表、コンテナ運賃の指標となる「中国コンテナ運賃指数」はリーマン・ショック前から約4割下落している。
 ばら積み船も中国向け貨物の一段の成長への期待から大型船の供給が増え、供給過剰に陥った。ばら積み運賃の市況を表すバルチック海運指数も今年2月に過去最低の水準まで落ち込んだ。
 運賃を左右するチャーター料(用船料)は、中国経済の減速懸念に加え、一段の輸送量拡大を見込んで発注された輸送船の完成を受け15年秋から下落傾向が強まった。今年9月以降、中国向けの鉄鉱石や石炭の荷動きの伸びで急伸したが再び下落に転じている。海運各社は短期的な市況に左右されない戦略の構築を進めている。