日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

送電線

2017年4月1日(土) 掲載

 発電所でつくった電気を変電所を経て需要地まで運ぶ設備。発熱による送電ロスを少なくするため、発電所で数千~2万ボルト程度の電圧を、27万5000~50万ボルトなどの超高圧に上げて送り出す。各地に設けられた変電所で電圧を下げながら、企業や家庭などに電気が届けられる。
 送配電網は現在、大手電力会社がそれぞれ保有し運営している。自社の発電所に加え、他事業者の発電所を接続して電気を受け入れ、停電しないように調整する。風力や太陽光などは天候で発電量が大きく上下し、安定運用の支障になる。このため大手電力は再生可能エネルギーの接続量を制限している。
 電力システム改革では2020年までに、現在大手電力の組織内で一体運用されている送配電と発電、小売りの機能を分離する。北海道と東北、東京など地域をまたいだ電力融通を円滑にするため、15年に電力広域的運営推進機関を設立。発電や小売事業者の参入を促している。