日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

IoTデータ

2017年6月1日(木) 掲載

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT(インターネット・オブ・シングス)」のネットワークを介して集めたデータ。IoTの普及により、従来はパソコンなど主に情報通信機器に接続されていたネットが家電や自動車などにもつながるようになった。温度や湿度をはじめモノの状態や周辺環境の多様な情報が収集可能になり、データ量は急速に拡大している。
 IoTの普及の背景にはいくつかの分野の技術革新がある。まず、モノに取り付けるセンサーが安く高性能になり、集まるデータの質や量が向上している。通信技術やデータ処理の能力も高まり、より大きなサイズのデータが素早く処理できるようになった。集めたデータを活用する段階では人工知能(AI)の発達で、人の手を借りずにデータを分析できるようになり始めている。
 データを持つ企業が個別に自社データを販売し始めるだけでなく、米エブリセンスなど保有者と購入希望者の売買を仲介する取引所運営事業者が出始めている。KDDIもデータの分析や仲介サービスを始めると発表し、流通の仕組みが広がりを見せ始めた。