日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

有給休暇

2017年8月1日(火) 掲載

 国際労働機関(ILO)の1936年の第52号有給休暇条約が定めたもので、取得しても賃金が支払われる休暇のこと。1970年に採択した第132号条約で、日数は1年勤務につき3労働週以上(5日制なら15日以上)とされ、連続で2労働週以上(同10日以上)取得することが定められた。
 日本は産業界の反発などで、ILOの2つの条約を批准していない。このため国際的にみて日数が少なく、夏休みなど連続休暇も短いという特徴がある。年間の平均付与日数はフランス、ドイツの30日、英国の25.1日に対し、日本は18.4日。
 日本では労働基準法で規定する。一定期間、勤務した労働者に毎年与えられ、年次有給休暇という。日数は10~20日。勤務年数に応じて、おおむね年2日ずつ増え、勤続6年半で最大日数の20日になる。