日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

裁量労働制

2017年9月1日(金) 掲載

 あらかじめ想定した労働時間に賃金を払う「みなし労働時間制度」の一種。一般的には労働基準法に基づく法定労働時間内で働き、実際の労働時間が法定を超えると残業代が支払われる。裁量労働制を導入すれば、実際に働いた時間に関係なく、みなし労働時間分を働いたことになる。深夜・休日手当は出る。
 「専門業務型」と「企画業務型」の2種類がある。専門型はデザイナーや弁護士など、企画型は企業の本社などで企画・立案といった業務に従事する人が対象になる。
 裁量労働制を導入している企業の割合は2016年で専門型が2.1%、企画型が0.9%にとどまり、横ばいが続く。「脱時間給制度」の導入案も盛り込んだ労基法改正案では、裁量労働制で企画型の対象を広げる。政府は秋の臨時国会での成立を目指している。