日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

老朽原発

2017年11月1日(水) 掲載

 運転開始から長期間が経過した原発。東京電力福島第1原子力発電所の事故後、設備の老朽化による事故を防ぐため、原発は運転期間が原則40年に制限された。原子力規制委員会が認めれば1回に限り20年延ばし最長60年にできる。国内には1970年代に稼働した原発が多くあり、電力会社は運転延長か廃炉かの判断を迫られる。
 原発が老朽化すると配管の劣化などのリスクが高まる。福島の事故を踏まえ、日本では世界で最も厳しいとされる新基準が導入された。地震や津波対策を強化したり、事故時に機能する電源や冷却設備を備えたりする必要がある。
 さらに原子炉などの重要設備が運転延長に耐えられるかを点検し、規制委から許可を得なければならない。電力会社が延長を申請するかは、対策工事にかかるコストや時間と、運転延長した場合の収益向上を比較し、慎重に判断している。