日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

FANG・MANT

2018年1月1日(月) 掲載

 技術革新をテコに世界を席巻する米国の大手IT(情報技術)企業8社の頭文字を並べた造語。「FANG」はフェイスブック(F)、アマゾン・ドット・コム(A)、ネットフリックス(N)、グーグルの持ち株会社アルファベット(G)の4社、「MANT」はマイクロソフト(M)、アップル(A)、エヌビディア(N)、テスラ(T)の4社をさす。
 FANG・MANTをはじめとするIT大手は情報技術や膨大なデータを駆使して新たな製品やサービスを生み出し、人々の生活や産業構造を変えつつある。電子商取引ではアマゾンが各国の小売業界を席巻。人工知能(AI)や自動運転車の開発など新産業でもIT大手が中心的な役割を担う。
 世界の株式市場でもIT大手の成長が2017年の株高をけん引した。世界の時価総額順位ではアップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックが上位5社を独占。8社合計の時価総額は3兆6104億ドル(約406兆円)と1年前の1.5倍に膨らんだ。アジアのIT企業も存在感を増し、中国の騰訊控股(テンセント)とアリババ集団の時価総額はともに倍増した。