日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

CES

2018年2月1日(木) 掲載

 1967年から続く世界最大の家電見本市。米ラスベガスで毎年1月に開かれ、世界中から約20万人を集める。当初は家電製品が中心だったが、インターネット関連や自動車などに対象が広がっている。名称の由来は「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」だが、実態に合わせて正式名称を「CES」に改めた。
 国内外の電機各社がテレビなどAV(音響・映像)の新商品をCESで発表し、「今年一年の家電市場を占う」と注目されていた。日本の電機メーカーも出展ブースを大きく構えていたが、最近は縮小傾向にある。
 家電関連では日本勢に代わって、サムスン電子やLG電子など韓国メーカーが、総合家電メーカーとしての存在感を高めている。