日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

在留資格

2018年7月1日(日) 掲載

外国人が日本に入国して滞在する際の身分や活動範囲の分類。調理師などの「技能」、外国からの勤務者である「企業内転勤」など36種類ある。滞在期間は多くの資格で最長5年だ。資格によって労働の待遇や雇用の条件は変わる。収入などの条件を満たす「高度専門職」は複数の職種の活動を認め、永住要件でも優遇措置がある。
 資格の取得手続きは出入国管理法と法務省の省令で定める。調理師は10年以上の実務経験が要件の一つだ。日本の労働力人口に占める外国人の割合は米国などに比べ低い。法務省は2020年までの出入国管理基本計画で資格を拡大する方針を示した。16年に成立した改正入管法では、日本の介護福祉士の資格を持つ外国人に「介護」の資格を認めた。
 資格には「留学」や「技能実習」もある。就労が主目的ではないが、飲食店や小売店でアルバイトとして働く場合も多い。「永住者」や「日本人配偶者」を含む17年末の在留外国人数は約256万人と前年末に比べ7.5%増え、過去最高だった。