日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

商標

2018年7月1日(日) 掲載

事業者が自分の商品やサービスを他者のものと区別するために使用するマークのこと。日本では特許庁に出願し、審査を経て登録される。商標権の存続期間は10年で、何度でも更新できる。登録されれば、その商標を独占的に使用でき、第三者が同様の商標を使えないようにできる。
 商標はブランドイメージと密接に関係する。例えば、企業が営業努力によって商標登録した商品・サービスに対する消費者の信用を獲得し続けることは、顧客の獲得や付加価値を高めることにつながる。消費者もその商品・サービスを選べば、安心感や高級感を得ることができる。
 国内でも世界的にも商標出願は増加傾向にある。国内では2017年に約19万件と過去最多となった。この結果、審査期間は長引く方向にあり、特許庁は人員を増やすなどして期間の短縮に努めている。中国などの新興国では権利保護の意識の高まりから、商標出願を促したり、法制度を整備したりする動きが活発になっている。