日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

退職給付制度

2020年4月1日(水) 掲載

従業員が退職する際に、企業が過去の労働の対価として給付金を支払う制度。退職時に一度に支払う一時金制度と、何年かに分けて支払う年金制度に区分される。併用もできる。年金制度は、企業が従業員に給付額を約束する確定給付年金(DB)と、従業員がみずから運用する確定拠出年金(DC)に分けられる。
 日本ではまず退職一時金が普及し、その後に企業年金制度が広がった。かつては企業が国に代わって年金を支払う厚生年金基金などが柱だったが、バブル崩壊後に運用成績が悪化し、やめる企業が増えた。これを受けて2001年に導入されたのがDBやDCだ。運用が不調な場合に業績への悪影響が出かねないDBから、DCに移行する企業も多い。
 日本では、従業員が1000人以上の企業では7割が退職年金制度を導入する。中小企業では導入していない企業も多い。DBやDCは一時金として受け取ることもでき、一時金を選ぶ人が多い。老後の生活費を確保するため年金で受け取るべきだとの指摘もある。