日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

人工心肺装置

2020年5月1日(金) 掲載

自力で呼吸する機能を失ったり、事故などで心臓が停止したりした場合に、心臓や肺の機能を体の外で置き換える装置。体外式膜型人工肺(ECMO)とも呼ばれる。装置本体にチューブやポンプなどの部品を組み合わせて動作させる。血液を患者の体外に取り出し、酸素を供給し二酸化炭素を排出してから戻す。国内では年間、1万件程度の治療が行われている。
 新型コロナウイルスに感染して肺炎が重症化した場合、自力呼吸が可能な場合はまず人工呼吸器で肺の機能を補う。それ以上重症化して肺が呼吸機能を失った場合は、人工心肺装置が必要になる。
 人工心肺装置の国内最大手はテルモで約7割のシェアを持ち、泉工医科工業(東京・文京)が続く。海外ではスウェーデンのゲティンゲグループが大手。国内では2月時点で約1400台が設置されており、そのほとんどが国内メーカーの製品だ。