日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

投資信託

2013年12月1日(日) 掲載

 多くの投資家の資金をファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、ひとまとめにして国内外の株や債券などに分散して投資する金融商品で、ファンドとも呼ばれています。分散投資を行うように設計されているため、ファンドの価格変動のリスクが低減されます。証券会社や銀行、保険会社、インターネット上でも販売されています。
 投資信託の運営は、3機関に分散されています。集められた資金は販売会社から投資信託委託会社を経て、信託銀行に預けられます。投信委託会社の指示を受けないと、信託銀行は資金を運用できません。3機関の中でいずれかが不慮の事態におちいっても、運用資金は守られるしくみとなっています。しかし預金とは異なるため元本保証はなく、預金保険制度の対象でもありません。