日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

海外直接投資

2019年8月25日(日) 日本経済新聞 朝刊

国際分業、経済の効率高く
 企業による海外への投資のうち、現地法人の設立などで工場や販路を一から作る「グリーンフィールド投資」や海外企業のM&A(合併・買収)など事業の拡大を目的としたものを指す。短期の投資目的で株式や債券などを売買する「証券投資」とは区別される。
 直接投資は経済規模が大きく、法規制も整った先進国間でなされることが多い。だが、近年は投資の受け手として、規制緩和を進める中国など新興国の存在感が高まっている。2018年は新興国が投資受け入れ額(残高ベース)の3分の1を占め、過去15年間でシェアが10ポイント以上高まった。資金の出し手としては米欧日など先進国の企業が4分の3にのぼる。
 グローバル化を背景に各国間の障壁が下がり、直接投資の環境が改善すると、世界経済の成長にはプラスになるとの研究結果が多い。各企業が生産コストなどの点で最も有利な場所で製品をつくれば、「国際分業」の効果で世界経済の効率が高まると考えられるためだ。