日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

認証式

2019年9月12日(木) 日本経済新聞 朝刊

天皇の国事行為
 認証式は正式には認証官任命式という。憲法7条に基づく天皇の国事行為の一つ。首相が任命した閣僚を天皇が認める儀式だ。5月1日に天皇陛下が即位後、閣僚を認証するのは令和で初めて。天皇の認証が必要なのは閣僚のほか副大臣、宮内庁長官、海外の日本大使館に赴任する特命全権大使や最高裁判事などがある。
 認証式は皇居で開く。新閣僚は1人ずつ入室し、首相から「国務大臣」としての官記を受け取る。天皇陛下がお言葉をかけるのが慣例だ。認証式を終えると正式に内閣が発足する。新閣僚は首相官邸に戻ると、首相から「外相」や「財務相」といった辞令交付を受ける。初閣議に臨んだ後、官邸2階の階段で集合写真を撮る。
 首相が閣僚を入れ替える内閣改造は憲法68条が定める首相の閣僚任免権に基づくものだ。内閣の呼称は首相の名前の前にある数字は組閣の回数、名前の後は改造の回数を表す。11日の認証式を経て正式に発足した内閣は「第4次安倍再改造内閣」と呼ぶ。