日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

リスク開示

2020年1月23日(木) 日本経済新聞 朝刊

景気・災害・情報漏洩など多岐に
 企業は事業を進めていくにあたって様々なリスクに直面する。こうしたリスクについて、内閣府令は投資判断に重要な影響を及ぼす可能性があるリスクについて「事業等のリスク」として有価証券報告書で開示するよう求めている。具体的な内容は企業が決めるが、少子高齢化による労働人口の減少、米中貿易摩擦による景気減速などマクロ要因によるものから、地震や台風など自然災害、サイバー攻撃による情報漏洩など内容は多岐にわたる。
 日本企業の2018年度の有価証券報告書の記述量は3年前に比べると4%弱増えた。総じて規模の大きな会社ほど記述量が多い。日経平均採用銘柄に限ると、記述量は3年前より5%強増えた。大企業ほどグローバルで事業を展開していたり、事業が多岐にわたったりするため、リスクも増える傾向がある。
 経営環境の変化は大きく、企業の将来を予測するにあたっては財務情報に加え、企業統治やリスク対応など非財務情報の重要性が高まっている。金融庁は投資家と企業の対話を促すため、20年3月期の有価証券報告書から非財務情報の開示を拡充させる。