日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

ユーロ

2013年12月1日(日) 掲載

 1999年1月に発足した欧州連合(EU)単一通貨の名称です。「ユーロ」の名称は、95年12月にマドリードで開かれた首脳会議で、全会一致で採択されました。一時期仮称として「エキュ(European Currency Unit)」と呼ばれていましたが、フランス革命後に銀貨がエキュと呼ばれていたことから反発する国もあり、ドイツの無難な提案「ユーロ」が通った形となりました。
 2002年から紙幣7種類、貨幣8種類の通貨が流通をはじめ、第1次通貨統合が完成しました。これにより、企業の通貨交換コストの節減をはじめ、旅行の簡便化、投資の増大などの波及効果が生まれています。