日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

金融先物取引

2013年12月1日(日) 掲載

 将来の特定の期日に商品の受け渡しと代金決済をすることを現時点で契約する先物取引のシステムが、金融商品に取り入れられたものです。日本では1985年に、長期国債を対象とした債券先物取引が登場しました。
 金融先物取引には、国債などの金利のついた金融商品を取引する金利先物、日本円や米ドルなど各国通貨を取引する通貨先物、株価指数を先物取引の対象とする株価指数先物などがあります。
 金融先物取引は、主に相場の変動によるリスクを回避するために使われます。これをヘッジ取引といいます。売買によって儲けや利ザヤを得るために投機的に利用される場合もあります。