日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

デノミネーション

2013年12月1日(日) 掲載

 通貨の呼称単位を切り下げることで、デノミと略されます。
 例えば日本円をデノミによって100分の1に切り下げると、いま現在の100円がデノミ後には1新円と等価になります。
 急激なインフレによって通貨単位が大きくなりすぎ、計算、記帳、支払いなどで手間が増えることを避けることなどが、デノミを行う理由です。
 1ドル=100円台が定着した現在、100分の1デノミを実施すれば1ドル=1新円台となり通貨の単位がそろうため、日本でもデノミ実施を求める声があります。1ドルに対して通貨の単位が3桁なのは、先進国通貨の中で日本の円とイタリアのリラだけであり、敗戦の名残ともいわれています。