日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

ローマ法王

2013年4月1日(月) 掲載

 ローマカトリック教会の最高指導者であり、約12億人の信者の頂点に立つ。地上におけるキリストの「代理人」という位置付けで、独立国バチカン市国の元首も兼ねる。絶対的な地位を持ち、英語圏では父を意味する「POPE(ポープ)」と呼ばれる。原則として終身制だが、前法王のベネディクト16世は高齢を理由に約600年ぶりに存命中に退位した。
 初代法王はキリスト12使徒の筆頭だったペテロ。ローマ法王は世界史とも深くかかわっており、フランク王国のカール大帝の戴冠を実現したレオ3世、太陽暦を定めたグレゴリオ13世らの名前が知られる。歴代法王の大半は欧州出身者であり、フランシスコ1世は約1300年ぶりの「欧州外」の法王となる。
 バチカン市国の法王庁はトップの法王を枢機卿らが支える組織。新法王を選ぶ法王選挙会(コンクラーベ)には80歳未満の枢機卿が世界中から参加。3分の2を超える票を獲得する人物が出るまで投票を繰り返す。14世紀以降は枢機卿の中から法王が選ばれている。