日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

国債買いオペ

2013年5月1日(水) 掲載

 日本銀行が金融政策を実行する手段として、金融市場で実施する取引の一つ。日銀が民間金融機関から国債を買い取り、その代金を売り手の金融機関に支払い、市場に出回るお金の量を増やすのが「国債買いオペ」。逆に日銀が金融機関に国債を売って、その代金を買い手の金融機関から受け取り、市場から資金を吸収するのを「国債売りオペ」という。
 日銀は冷え込んだ景気を回復させるため、オペでまず民間金融機関に資金を供給する。金融機関がこれを企業や個人向け貸し出しに回せば、消費や投資が拡大して景気を押し上げる効果がある。
 日銀は1960年代から、経済成長に見合ったマネーを市場に供給するという目的で国債買いオペを実施してきた。日銀が保有する長期国債の総額は今年3月末時点で約91兆円。日銀は金融機関が保有する手形やコマーシャルペーパー(CP)なども買いオペの対象にしている。日銀は4日に決めた新しい金融緩和で、月7.5兆円程度と従来の2倍のペースで長期国債を買い入れる。大量の国債を買うことで金利を押し下げる効果もある。