日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

企業の合併・買収(M&A)

2013年12月1日(日) 掲載

 企業が別の企業やその事業部門の合併(Mergers)を行ったり、買収(Acquisitions)する経営手法です。経営の多角化や、事業分野の強化、市場開拓や国際化を目指し、競争優位の実現を目的としています。株式の購入により経営権を取得するケースもあります。
 バブル期には企業の投機的なM&Aが一世を風靡しました。近年でも不動産を中心に、救済型のM&Aが数多く実施されています。
 M&Aは今まで獲得できなかった地位や、技術、人材などを最小限の手間で入手できるうえ、海外進出や多角化に備え顧客基盤、生産手段を一気に整えることを可能にしています。