日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

イージス艦

2014年5月1日(木) 掲載

 高性能の防空レーダーを装備し、ミサイルや攻撃機などをコンピューターで自動的に捕捉して破壊するシステム(イージス・システム)を搭載する米海軍や海上自衛隊の艦船。イージス(AEGIS)はギリシャ神話に出てくる盾の意味。
 現在、自衛隊は6隻配備中。昨年12月に策定した2014~18年度の中期防衛力整備計画では2隻増やすとしている。米海軍は現在、日本に5隻配備している。
 日米はイージス艦を北朝鮮の弾道ミサイル防衛の柱に据える。北朝鮮のミサイルの発射情報は米国の早期警戒衛星が探知し、在日米軍を通じて防衛省に伝達。日本の領域に落下すると判断すれば、米軍や海自のイージス艦に搭載しているスタンダードミサイル(SM3)が高度100~300キロメートルで撃ち落とす。撃ち漏らした場合は地上配備のパトリオットミサイル(PAC3)で迎撃する。