日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

南シナ海問題

2014年6月1日(日) 掲載

 中国やベトナム、フィリピンなどに囲まれた南シナ海の島々と周辺海域の領有権を、中国、フィリピン、べトナムやマレーシア、ブルネイ、台湾が争う問題。南シナ海には南沙諸島、西沙諸島、中沙諸島、東沙諸島の4諸島があり、例えば南沙は6カ国・地域が、西沙や中沙は3カ国・地域が領有権を主張する。
 各国・地域が領有権を主張する背景にあるのは、周辺海域に眠る豊富な海底資源だ。米国政府の推計によると南シナ海の原油埋蔵量は約110億バレル、天然ガスは約190兆立方フィート。シェールガスなど他の資源への期待もある。
 1980年代などにも中国・ベトナム間で軍事的な衝突が発生し、多数の死者や行方不明者を出したこともある。2002年には東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国が平和的解決を約束した「南シナ海行動宣言」に調印したが、実効性に欠け、問題解決につながっていない。