日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

燃料電池車(FCV)

2014年7月1日(火) 掲載

 燃料電池車(Fuel Cell Vehicle)は走行中に水しか出さないため、ガソリンと電気の力で動くハイブリッド車(HV)よりも進んだ「究極のエコカー」と呼ばれる。電気自動車(EV)の電池が「スタック」と呼ばれる発電装置に置き換わった形となり、滑らかな加速などドライバーが味わう感覚はEVに近い。
 トヨタ自動車のほかホンダが2015年、日産自動車が17年に量産車を投入する計画。開発費低減のため、トヨタは独BMW、日産は独ダイムラー、米フォード・モーターと組み、ホンダも米ゼネラル・モーターズ(GM)との提携を決めた。
 デロイトトーマツコンサルティングによると、FCVの世界市場規模は25年に5兆3000億円になる見通し。25年の販売台数は世界で180万台、日本では20万台になるとみられる。中国でも20年ごろから普及が始まる可能性があるという。