日々進化する経済用語集 経済ナレッジバンク

最新の経済情報を伝える日経は、日々新しい経済用語が登場する場所でもあります。

「経済ナレッジバンク」は、おさえておきたい経済の基礎用語から最新用語まで、約600語を収録。

やさしくわかりやすく解説しています。

経済をイチから学びたい時、日経を読んでいて知らない用語にぶつかった時など、幅広くご活用いただけます。

索引

経済用語を索引から検索できます。

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

ZEV規制

2015年1月1日(木) 掲載

 米カリフォルニア州は独自の自動車の環境規制「ZEV(Zero Emission Vehicle=無公害車)規制」を定めている。同州は排ガス規制で世界で最も先進的だ。自動車各社は排ガスを出さない電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)などのエコカーを一定比率以上販売することを求められる。
 現在対象になっているのは同州で年6万台以上を販売しているトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラーの6ブランド。2018年からは中規模ブランドにも対象が拡大し、マツダや富士重工業、独フォルクスワーゲン(VW)など8ブランドが新たに追加される。規制地域も市場規模が大きいニューヨーク州やマサチューセッツ州など10州近くに拡大する見通し。
 基準を達成できない自動車メーカーは罰金を払うか、超過達成するメーカーから「ZEV枠(クレジット)」を購入しなければならない。プラグインハイブリッド車(PHV)もZEVの対象となるが、EVやFCVより1台当たりのクレジット獲得ポイントは少なく設定されている。EV専業の米テスラ・モーターズは他社にクレジットを販売することで利益を下支えしているとされる。