むずかしいニュースこそ、「見て」学ぼう 全図解ニュース解説

その時気になる経済ニュースを、写真や図解を使いながらわかりやすく解説するコーナーです。

ニュースとニュースのつながりや、過去から現在への流れ、
そして今後への影響などを「立体的」に理解することができます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テーマ「投資信託」について知る!

多数の投資家からお金を集め、一つにまとめてプロが運用する仕組みの「投資信託」。初心者でも少額で分散投資ができ、低金利時代の資産運用の有効な手段として人気を集めています。最近は取扱金融機関どうしの競争が激しさを増しており、手数料を抑えたり、これまで少なかった長期運用の商品を拡充するなど、各社は投資家からの資金取り込みに知恵を絞っています。今回は投資信託の基礎知識、最近の商品の傾向などについて解説します。

1. 多数の投資家から集めたお金を運用する仕組み。分業体制による運営も特徴(1)

1. 多数の投資家から集めたお金を運用する仕組み。分業体制による運営も特徴(1)

 投資信託(以下、投信)は多数の投資家からお金を集めて、一つの基金(ファンド)にして専門家が運用する仕組みの金融商品です。集められた資金は株式や債券などに投資され、その成果は投資額の割合に応じて投資家に還元されます。ただし、運用成績が悪ければ元本割れとなる場合もあります。

2012年12月17日掲載