むずかしいニュースこそ、「見て」学ぼう 全図解ニュース解説

その時気になる経済ニュースを、写真や図解を使いながらわかりやすく解説するコーナーです。

ニュースとニュースのつながりや、過去から現在への流れ、
そして今後への影響などを「立体的」に理解することができます。

  • はてなブックマーク
  • Facebook
  • mixiチェック
  • Twitter
  • LinkedIn

テーマ原油価格の基礎と最新動向を知る

原油価格が急落しています。1バレル100ドル前後で推移していた原油価格は2014年夏から下落し始め、15年1月には40ドル台にまで落ち込みました。米国で新たな原油「シェールオイル」の生産量が急増する一方で、新興国や欧州の景気減速により需要が減っていることが原因です。原油安は企業や家計の負担減につながり世界経済に追い風となりますが、資源輸出に依存する国の経済を悪化させ、世界の金融市場の動揺を招く可能性もあります。今回は原油価格の基礎や最近の価格動向、原油安の背景と影響などについて解説します。

1.現代社会に欠かせない資源である原油

1.現代社会に欠かせない資源である原油

 油田から掘り出したままの石油である原油は、精製することでガソリンをはじめ、暖房に必要な灯油、火力発電所などの燃料に使う重油、トラックなどの燃料の軽油、プラスチックの材料となるナフサ(粗製ガソリン)などになります。さまざまな産業で燃料や原料として利用されており、原油は現代社会に欠かせない最も重要な資源の一つです。

2015年2月2日掲載